<< コロナとの戦い | main | さらなる学力格差 >>

コロナ禍の中で

コロナ禍の中、外出自粛や休校により、学校での授業進行や習熟度に大きな影響が出ているようです。

そんな中、適塾の生徒は休校期間にオンラインで授業を続行したせいか、昨年ほどではありませんが、中位層から上はほぼ前年同等の結果がでています。

不安なことは、学力の格差が例年以上に起こっているのではないかと思うことです。


適塾ではコロナ禍の中で、できる限りのことを実行するべく、ストップコロナ対策店の申請をしました。

検温、消毒、換気、間隔をあけた着座を実行し、学習に専念できる体制を維持しようと思います。


いつどこでコロナにかかるかわからない状況になっています。

しかしながら、人が動かなければ経済活動は疲弊し、やがて生活にも大きく影響してきます。

できる限りの注意を払い、いま必要な学力を維持しましょう。

 

 

ストップコロナ!対策認定店 他教室も申請中です。

at 11:09, tps-blog, 塾長ブログ

comments(0), -, pookmark

comment