<< 環境の大切さ | main | 夏を制するは、受験を制す! >>

イギリスの離脱

イギリスがEUから離脱するという大きな出来事がありました。

すこし前にスコットランドで独立を掛けた国民投票があったことは、まだ記憶にあたらしいのではないでしょうか?

あの時、イギリス(今回離脱に賛成した人)はスコットランドが独立することに反対だったのでしょうか・・・。

もし反対だったとしたら、かなり自己中心的な考えで、軽率なのではと思えるのですが・・・。実際どうなのかわかりませんが。

いずれにしても、狭い範囲で物事を考えて、それに伴う影響も考えられないと本当に正しい道を選ぶことは難しいなと、今回のイギリスをみて思った次第です。

知識の薄い(情報の少ない)状態で判断される民主主義は、本当に怖いなと思いました。民主主義とは民衆の同意があれば戦争も肯定されるということでしょうか・・・。

一層、人格者が独裁を行った方が、国民は幸福になれる可能性があるのではと改めて思った次第です。

at 11:32, S, リレーブログ

comments(0), -, pookmark

comment